子供のお年玉の相場

子供のお年玉の相場はあまり高額ではないようです。
ただ、我が家の子は結構貰っています。

一般的には、小学生で3,000円のようで、合計で20,000円程度のようです。

 

ですが、我が家というか一族の相場は、小学生・中学生が5,000円ですので、双方の祖父母、叔父・叔母を合わせると40,000円程度になります。そして、特殊かもしれませんが主人の妹が独身貴族ですのでいつもお年玉を頂けます。
今年からは息子も就職し、妹にお年玉をくれました。

 

お正月は子供の財布はホカホカになりますが、相場が高いので我が家の財布は寒い状態です。

 

上の子供たちが外に出ているので、帰省してくる楽しみもあり、出費が多い年末年始となっています。子供にお金を借りたいと思うくらい出費しました。大人もお年玉が欲しいと思います。

 

このお年玉の由来って知っていますか?
どうしても必要な物なのでしょうかね?

 

お年玉の由来

今のお年玉はお金ですが当初はお餅だったといいます。
家にいらした年神様は鏡餅に依りつきます。ですから、鏡餅には年神様の「御魂」(みたま)が宿ると考えられていました。この餅玉を、家長が家族に「御年魂」「御年玉」として分け与えました。

これがお年玉の始まりです。
そして、家長から頂いたお餅はお雑煮にして食べていたといいます。
お年玉もお雑煮もかなり古くから日本のお正月に取り入れられていたんですね。

 

お年玉がお金に変わったのは何時から?

お餅からお金へ変わってしまい、今は子供は喜び大人はヒイヒイとなっていますが、いつから?どうして?お金に変わったのでしょうか?

高度経済成長期ごろから、都市部を中心にお金が主流になって贈る相手も子供に徐々に変化して言ったようです。
今では、お年玉は家長から家族へ、主人から使用人へ、師匠から弟子へといった具合に、目上から目下へ渡すものとなっています。お正月番組などで、お笑い芸人やジャニーズ達が先輩にお年玉をもらったなどと話していますよね。

一般的な家族でのお年玉の他にも、大人社会でもお年玉は存在しているようですね。

 

お年玉の使い道

お年玉の使い道は貯金が普通でしたが、今のご時世では子供のお小遣いとなっているようです。
お年玉で、任天堂スイッチを買うとか、電化機器を買うなどといった子供も増えています。

我が家の子供たちは、今でも貯金です。
ただ、頂いたお年玉から、5,000円は自分の好きな物を買い、残りは貯金です。この貯めたお金で、大きくなり欲しいものが出来た時に買わせるようにしています。

ちなみに末娘はカメラを買いたいと言っています。
空や雲の写真を撮ったり風景を撮りたいと言うので、落ち着いて時間のある時に買いにいこと思っています。

母はお金を借りたいほど金欠ですが、子供たちはとても裕福です。

スポンサードリンク

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ