ひな祭りの料理って地域により違うけど・・・

ひな祭りの料理って地域により違いがあります。
でも、最近では特に風習にとらわれずにひな祭りの料理が作られているようです。

私の実家では、ひな祭りの前日、3月2日の夜にお雛様に膳を準備していました。
記憶が曖昧なんですが、確か、知るのは行っていないお椀に、はまぐりとおしゃれネギが入ったもの、お皿にはししゃも、ご飯、白酒、いちご、3食団子などを飾っていました。

 

で、嫁ぎ先はというと、特にお雛様がなくてよくわかりません???

 

我が家は、私がネット検索などして我流で膳を準備しています。
まずお寿司です。これはチラシ寿司にしています。錦糸卵やエビ、レンコン、いくら、インゲンなどで綺麗に飾りつけします。別にちらし寿司は意味があるわけではないようですが、えびは長生き、れんこんは見通しがきく、など縁起のいい具が祝いの席にふさわしいと聞いたのでそうしています。後は残りの具材は見栄えとその時々のお値段で決めています。

 

次にお吸い物ですが、ハマグリです。はまぐりの貝殻は、対になっている貝殻でなければぴったりと合わないんです。ですから、仲の良い夫婦を指します。一生一人の人と添い遂げるようにという願いが込められた縁起物ですので、はまぐりはお吸い物はハマグリにしています。また平安時代の女の子は、「貝合わせ」遊びなどをしたと言われています。

 

これに、ひなあられ、白酒、菱餅は絶対です。
この3種類がひな祭りには欠かせない物ですよね。それぞれちゃんと意味があるようです。

 

まずはお餅です。
ひな祭りの餅はひし形ですが、菱形は「心臓」を表していると言われ、災厄を除く、娘の健康を願うという親の気持ちが込められています。色も緑、白、ピンクですが、緑には健康、長寿、そして白は清浄、ピンクは魔除けを意味する説があるといいます。

 

ひなあられにも意味があります。
本来のひなあられは、餅に砂糖を絡めて炒った物だと言います。雛あられといって想像するのは塩気のあるあられですよね。
色がカラフルなのも意味がありました。ピンク、緑、黄、白の4色でそれぞれ四季を表しているようです。。健康にいい食べ物として、「1年中娘が幸せに過ごせるように」という願いが込められています。

 

最後に白酒です。
今の白酒とは違い中国から薬酒のひとつとして伝わってきたのが始まりです。桃の花びらを漬けた「桃花酒」というものだったと言います。桃は邪気を祓い、気力や体力の充実をもたらすということで、ひな祭りの縁起物とされてきました。

 

一年に一度、娘の健康を祈って出来る範囲でお祝いしたいですね。

スポンサードリンク

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ