おにぎらないVSおにぎり

「おにぎらない」というのがあるのは知っていましたが、間に挟む具のレシピなどを求める人が多いのは知りませんでした。

ついでにレシピ本も何冊かでているんですね。

 

このおにぎらないを娘と2人で見ていました。

おにぎらないのメリットであり、おにぎりのデメリットでもあるのが、具です。

おにぎりだと真ん中に少しの具ですね。でもおにぎらないだと、具のない場所はないわけです。いつもご飯と具が一緒なんですね。サンドイッチのご飯版のような感じですよね。

でも娘はおにぎりがいいといいます。

おにぎりの具が何かと考えながら食べるのも楽しみで、具が出てきたときに嬉しいからだといいます。

 

私も最初はおにぎりでしょう?と思っていましたがおにぎらないもありかと思いました。

おかずが作れるときはおにぎり、おかずが乏しい時はおにぎらないでもいいじゃないの?なんて思いました。私、一人きりならおにぎらないの方がいいのかもしれません。

 

特に洋風の具にするときは、おにぎらないにして、和風ならおにぎりとしてもいいのかもしれません。

でも、おにぎらないも食べてみたいと思いました。

 

 

考えた人って素晴らしですね。

スポンサードリンク

あわせてに読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ